ラトビア奮闘記

声楽家・合唱指揮者 山本健二

「Latvija」日本ラトビア音楽協会ニュース第10号2008年1月発行に掲載

ウィーン経由でリガ(ラトビア首都)へ行く。雲海をプロペラでかき分けるように着陸する。

カッタイ先生とアイラさんとは2年ぶりだ。85歳になるカッタイ先生は相変わらずかくしゃくたるもの。アイラさんも相変わらず美しい。

川幅いっぱいに水を湛えて流れるダウガワ川の橋を渡る。橋の長さは1000メートルを超える。ここからの眺めは絵葉書そのものだ。 その絵の中に入っていく。車で一気に渡るのは惜しいが歩くわけにもいかない。 渡ると右手に宮殿のような大統領公邸があり、ラトビア国旗と大統領旗が翻っている。大統領は本日リガにおられるのだ。

旧市街は形と彩りの個性的な建物が共通の美意識のもとに、石だたみの道を囲み込むように肩を寄せ合って並んでいる。 私は絵葉書の中にいる。2年前もそう思った。石だたみの石はどれも丸く、その丸みは幾万々というリガの人々の足が撫でた丸みなのだ。 私の肩の横をヒップが風を切って追い越した。世界のトップクラスのモデルの多くがラトビア出身だという。 長い足といくばくの上半身の上に小さな顔がある。女性を下から見上げる日々が始まった。

今回、日本の歌を指導する対象はジンタルスと、そのジュニアクラスともいうべきリガ大聖堂合唱学校少女合唱団である。 といっても5~9年生の中にはもう見上げる子供達もいる。しかし3~4年生は本当に可愛い。私を見上げてくれる。神様はバランスを取ってくださる。

練習が始まった。美しい声だ。音程も気持ちよいほどの正確さで全員が同じピッチの感覚を持っている。しかし言葉の壁は厚かった。 いかにも外国人が日本語を歌っている。アイラさんは練習が始まるまでの打ち合わせではかなり日本語の歌い方に自信を持っていたようで、 ジンタルスの落葉松とあと2曲は自分が指揮すると言っていた。しかし発音を直し、日本語の歌唱法(歌唱技術)を逐一直していくうちに、 文化の違いが大きいのでジンタルスの落葉松を含め、演奏会の日本語の歌の全ての指揮をお願いしたいと言い出した。

一曲ごとに発音を厳しく直し、詩の背景にある日本人の心情、日本の風景、自然と日本人の一体感などを細かく説明し、言葉の意味を伝え、 その言葉の情感に合う歌い方を歌って聞かせ、それを真似させた。しかし予定された練習時間では仕上がらない。 文化の違いとはいえ、あまりにも日本語の歌唱に対する認識が甘すぎた。こんな甘い認識では、日本語の日本の歌の演奏会はやれないとまで言った。 クラス単位の練習、公開レッスン、リハーサル、それぞれの時間を延長することで私のボルテージは平静を取り戻した。